2011年08月31日

引き裂かれた女

フランス (2007)

監督:クロード・シャブロル
出演:リュディヴィーヌ・サニエ、ブノワ・マジメル、フランソワ・ベルレアン


おフランス的自由奔放さと、
その対極のブルジョワ家庭のお固さの
歪んだ絡みにぞくぞくする。

しかしブルジョワ家庭の母ってホントこわいね。
最後の不敵な薄笑いに鳥肌が立った。


主人公については特に何もない。
恋する女の愚かしさはいつの世もどこの国も同じだから。


映画『引き裂かれた女』オフィシャルサイト

lalacinema at 22:33|PermalinkTrackBack(0)は行 | フランス

2011年08月10日

英国王のスピーチ

イギリス/オーストラリア (2010)

監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ=ボナム・カーター


こんな風に男を愛して受けとめればいいのかと 
主役の男達を横目にエリザベス(クィーンマザー)に釘付けになった。 

決して悲壮にならず、大らかで強い。
私の思う理想の女性にとても近かったから。

もちろん男達もいい。

英国王室ものはいろんな意味でとても好き。 
だけどその前提を超えても大好きな、とても素敵な作品。 


見逃してたから再映あってよかった。


映画『英国王のスピーチ』公式サイト
注)音が出ます

lalacinema at 22:24|PermalinkTrackBack(0)あ行 | イギリス

2011年01月10日

蒼穹のファフナー Heaen and Earth

日本 (2010)

監督:鈴木利正


アニメ映画を劇場で見るのは久し振り。
テレビシリーズ・スペシャル版をDVDで見て必然的に。

しかし大人になってからはジブリ作品以外のアニメ見ることなんてなくなってたね。
「地球へ・・・。」とかもう一度見たくなった。 


蒼穹のファフナー

lalacinema at 22:05|PermalinkTrackBack(0)さ行 | 日本

2010年11月06日

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

イギリス/カナダ (2009)

監督:サム・テイラー=ウッド
出演:アーロン・ジョンソン、アンヌ=マリー・ダフ、クリスティン・スコット・トーマス


ジョン・レノン。
愛されて育ったんだなと思う。 

二人の母の愛し方はそれぞれ。
だけど育ての母のせつなさがより深く沁みた。


他のメンバー達も可愛いかったよ。
 特にポールはね。


 ■映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」公式サイト
Nowhere Boy(UK)

lalacinema at 21:56|PermalinkTrackBack(0)な行 | イギリス

2010年09月08日

キャタピラー

日本 (2010)

監督:若松孝二
出演:寺島しのぶ、大西信満、吉澤健


戦争がもたらすもの。
それはゆっくりと人の心を蝕んでゆく。
戦場ではない場所にもそれはじわじわとゆきわたる。 


これは反戦映画なのだろう。

 
さて原作はどうだったかなと考えたりもしたけれど
それはそれ、これはこれなのかもしれない。

小説も映画も
作品として世に放たれた瞬間、受け手が感じるものは自由でよい。

ひとつの小説から何を感じ、そこから何を発想するのか。
それをなんらかの形として表現する。

芋虫とキャタピラーは別物である。


若松孝二オフィシャルWebsite

lalacinema at 21:40|PermalinkTrackBack(0)か行 | 日本