2009年12月02日

母なる証明

韓国 (2009)

監督:ポン・ジュノ
出演:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ


おばさんの変なダンス。
冒頭から鷲掴みされた。

母と息子。
あの、母の肩からのぞく下着のレースがどうしようもなくエロティック。
そして息子は、実はすべて分かっていて白痴のふりをしているのでは?
と感じさせる瞬間もあり、もやもやとした疑惑の空気をふりまき続ける。

深読みしようとして足を取られ深みにはまる。

母は、親でもあるけれど女である。
息子の保護者であるけれど、その息子に依存してもいる。

文化あるいは国民性の違いがスパイスとしてよく効いている。
昭和の、それも30年代くらいの日本は近い感じだったのかな、
などと考えたりもした。

ささやかなんだけど今の日本では思いもつかないような
妙にリアルだったりグロテスクだったりエロティックだったり
そんなシーンが効果的に入っていてドギマギしたりして。

ストーリーも結構なペースでどんどん展開していく。
情報を何も持たないまま見に行ったからすごく面白かった。

原題は「MOTHER」。
原題のままの方が母親という生き物を詩的に表現しているようで
よかったかもしれない。

映画「母なる証明」公式サイト

lalacinema at 23:10│TrackBack(0)は行 | 韓国

トラックバックURL